『コーヒープリンス1号店』キャスト紹介!日本人が出演?1人が事故死?

2007年に放送され、韓国だけでなく世界的にも大ヒットしたドラマ『コーヒープリンス1号店』。

日本でも大人気の韓国俳優コンユの出世作でもあります。

そんな『コーヒープリンス1号店』のキャストにはどんな面々が揃っていたのか、紹介していきます。

目次

コーヒープリンス1号店ってどんなドラマ?

『コーヒープリンス1号店』は、コンユとユンウネが主演で、一家の長として生計を助ける女性がイケメン男子のみを雇うコーヒーショップで働く事になり、恋や友情に悩む姿を描いたドラマです。

2007年に韓国で放送され、視聴率27.8%という記録的な大ヒット!日本でも大人気となり、韓国ドラマブームのきっかけにもなりました。

コンユとユンウネのキュートで切ない恋愛模様や、コーヒーショップで働くイケメンたちの友情や成長が見どころです!

コーヒープリンス』は、愛、そして本当の自分を見つけることをテーマにした、心温まる面白い物語で、ラブストーリーが好きな人にはぜひ見てもらいたい作品です。

コーヒープリンス1号店のキャスト①チェ・ハンギョル役 コン・ユ

コーヒープリンス1号店出演時のコンユ
https://m.blog.naver.com/latexer/120168989461

ハンギョルは、大手食品会社の御曹司で、スタイル抜群のイケメン、何もかもがうまくいっているように見えますが、怠け者でやる気がなく、人生の方向性が定まらないでいます。

そんな中、古びた喫茶店を引き継ぎ、女性客を獲得するためにイケメン定員を揃えます。

そこで、ウンチャンと出会い惹かれていきますが、同性を好きになっている自分に戸惑ってしまいます。

しかし、そんなウンチャンとの出会いが人生を変えていきます。

コン・ユのプロフィール

生年月日:1979年7月10日

身長/体重:184cm/74kg

血液型:A型

代表作:『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』『コーヒープリンス1号店』『ビッグ 〜愛は奇跡<ミラクル>〜』

インスタ:gongyoo_official

コーヒープリンス1号店のキャスト②コ・ウンチャン役 ユン・ウネ

コーヒープリンス1号店出演時のユンウネ
https://idvuyeh2.tistory.com/14459836

ウンチャンは、常に全力で強くて自立した女性です。

優しい一面も持っていて、家族や友人を大切にし、彼らのためなら何でもするという優しい一面も持っています。

ハンギョルに男だと思われ、女性ということは隠して働き始めます。

最初はハンギョルのことはなんとも思っていませんでしたが、気がつくと彼の良い部分に目が止まり、徐々に惹かれあっていきますが、なかなか本当は女性であることを言い出せずにいます。

ユン・ウネのプロフィール

生年月日:1984年10月3日

身長/体重:168cm/非公開

血液型:O型

代表作:『宮~Love in Palace~』『お嬢様をお願い!』『トキメキ注意報』

インスタ:y1003_grace

コーヒープリンス1号店のキャスト③チェ・ハンソン役 イ・ソンギュン

コーヒープリンス1号店出演時のイソンギュン
https://m.post.naver.com/viewer/postView.naver?volumeNo=31530193

ハンソンはハンギョルのいとこで、音楽家です。

長年付き合っていたユジュと別れて落ち込んでいたところ、ウンチャンと出会います。

最初はウンチャンと妹のように思っていましたが、いつしかウンチャンのことが好きなのかもしれないと思うようになり、自分の気持ちがわからなくなります。

イ・ソンギュンのプロフィール

生年月日:1975年3月2日

身長/体重:180cm/70kg

血液型:A型

代表作:『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』『パスタ〜恋が出来るまで〜』『検事ラプソディ~僕と彼女の愛すべき日々~』

インスタ:seongyun5784

コーヒープリンス1号店のキャスト④ハン・ユジュ役 チェ・ジョンアン

コーヒープリンス1号店出演時のチェジョンアン
https://m.blog.naver.com/kiskiss90/222032028343

ユジュはハンギョルの初恋の人であり、ハンソンの元カノです。

才能のある画家ですが、ハンソンの家族に受け入れてもらうことができず、ハンソンを捨てて他の男とニューヨークに行ってしまいます。

しかし、ハンソンへの想いに気づき、韓国に帰ってきてハンソンの人生を複雑にしてしまいます。

チェ・ジョンアンのプロフィール

生年月日:1977年10月21日

身長/体重:172cm/48kg

血液型:B型

代表作:『コーヒープリンス1号店』『男が愛する時』『ヨンパリ』

インスタ:chae_jungan

コーヒープリンス1号店のキャスト⑤チン・ハリム役 キム・ドンウク

コーヒープリンス1号店出演時のキムドンウクン
https://www.etnews.com/20150907000435

ハリムはコーヒープリンスのウェイターで、やんちゃで可愛いムードメーカーです。

女好きでウンチャンの事を気に入っています。

キム・ドンウクのプロフィール

生年月日:1983年7月29日

身長/体重:175cm/非公開

血液型:B型

代表作:『自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~』『チェックメイト!〜正義の番人〜』『その男の記憶法』

インスタ:なし

コーヒープリンス1号店のキャスト⑥ファン・ミニョプ役 イ・オン

コーヒープリンス1号店出演時のイオン
https://m.sedaily.com/NewsView/1S3G3COY5R

ミニョプはコーヒープリンスのウェイターで、ウンチャンが女だと最初に見抜いた人物です。

ウンチャンの妹が大好きで付きまとっています。

イ・オンのプロフィール

生年月日:1981年2月5日

身長/体重:188cm/非公開

血液型:B型

代表作:『コーヒープリンス1号店』『どなたですか?』『必殺! 最強チル』

インスタ:なし

コーヒープリンス1号店のキャスト⑦ノ・ソンギ役 キム・ジェウク

コーヒープリンス1号店出演時のキムジェウク
https://www.todaykorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=14874

ソンギはハンギョルのスカウトでコーヒープリンスで働くことになりましたが、元々はワッフル店を経営していました。

人とあまり話をしないクールな性格で、日本語を話すことができます。

キム・ジェウクのプロフィール

生年月日:1983年4月2日

身長/体重:183cm/非公開

血液型:B型

代表作:『君を守る恋 WhoAreYou?』『彼女の私生活』『ボイス〜112の奇跡〜』

インスタ:jaeuck.kim

コーヒープリンス1号店の相関図

コーヒープリンス1号店の相関図
https://www.showtime.jp/special/korea/guide/coffee/

コーヒープリンスのキャストに日本人はいる?

『コーヒープリンス1号店』を見た方の中には、「日本人が出てるの?」と思った方もいるかと思います。

そう、日本語を喋るイケメンが出演していたからです。

しかし、その俳優はキムジェウクで日本人ではなく、韓国の俳優です。

キムジェウクは韓国で生まれましたが、その後すぐに日本にきて、6歳ぐらいまで日本で生活していました。

このため、最初に触れたのが日本語で、日本語も喋れるというわけです。

日本語も喋れるので、キムジェウクは日本の映画『蝶の眠り』に出演した経歴もあります。

残念ながら日本人が出演していたわけではありませんが、このように日本に縁のある韓国俳優がいるというだけでも少し嬉しいですよね!

コーヒープリンス1号店のキャストが死亡?

悲しいことに、『コーヒープリンス1号店』のキャストの中には、若くしてすでに亡くなってしまった方がいます。

それが、ミニョプ役をイ・オンです。

『コーヒープリンス1号店』の放送からわずか1年後の2008年8月21日、当時出演していたドラマ『必殺! 最強チル』の打ち上げからの帰宅途中に、バイクでガードレールに突っ込んでしまうという事故死でした。

まだ27歳という若でこの世をさってしまいました。

2021年1月16日に『もう一度、二十歳~コーヒープリンス1号店編』というキャストの同窓会企画があったのですが、もちろんそこにイ・オンが来れるわけもなく、キム・ジェウクは、今でも8月になるとイ・オンのことを思い出してしまうと話していました。

若くして亡くなってしまいましたが温かい笑顔や情熱的な演技は、今でもファンの心の中に残り続けています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次